子供のためになるおもちゃの与え方

コラム

子供のためになるおもちゃの与え方のポイントは、与えすぎないことです。
与えすぎると以下のようなデメリットが生まれます。

想像力が養われない

おもちゃがたくさんあるという状態は、あまり考えなくても遊ぶ手段が多いということになります。
子供の知育のためには、おもちゃでどのように遊ぶか、どんな遊び方をすれば楽しいのかを子供自身で考えて見つけていくことが必要なのです。
おもちゃをたくさん与えてしまうことによって、それを想像する機会を減らしてしまうことになるので、注意をしなくてはいけません。

ものを大切にする心が養われない

おもちゃ一つひとつに対する愛着が薄れてしまうのも問題です。
おもちゃが少なければ、数少ないおもちゃを大切にしようと丁寧に扱って長く遊ぶようになるため、ものを大切にする子供に育つのですが、おもちゃが多くあると壊れても次があるからいいやと考えるようになってしまいます。

こういった考えをしてしまうことは、教育上あまりよくありません。
そのためにはおもちゃを与える際のルールを決めておくことが大切です。いつでも欲しいときに買ってあげるのではなく、特別な日に買ってあげるなど家庭でルールを決めておきましょう。

そうすることによって、子供はおもちゃを厳選するようになります。なぜ欲しいのか、何が欲しいのかを自分で考えられるようになるのでおすすめです。

carvaquewaECショップ

日常をワクワクで彩る商品を販売しているセレクトショップ

関連記事一覧